CHARACTER

  • スレイ
  • ミクリオ
  • アリーシャ・ディフダ
  • ロゼ
  • ライラ
  • エドナ
  • デゼル
  • ザビーダ
  • ベルベット・クラウ

スレイSorey

CV:木村良平

スレイ

外界から隔絶された天族の杜イズチに暮らす、天族に育てられた人間の青年。高い霊応力を備え、天族を知覚できる。子どもの頃、導師伝承と古代遺跡について記録された「天遺見聞録(てんいけんぶんろく)」を偶然手にし、それ以来、古代遺跡に興味を持つようになる。大陸中の伝承や歴史に詳しく、古代語を読むこともできる。純粋で心優しく、困った人を見ると放っておけない。

ミクリオMikleo

CV:逢坂良太

ミクリオ

赤ん坊の頃からスレイと共に成長してきた天族の青年。スレイのことを、兄弟同然にして無二の親友であり、さらにライバルであるとも思っているため、スレイと言い争いになることもしばしば。スレイの言動に冷静な指摘を加えたり苦言を呈したりする役回りを自認している。スレイの影響で古代遺跡に興味を持つようになった。水属性の天響術(てんきょうじゅつ)を操る。

アリーシャ・ディフダ

Alisha Diphda

CV:茅野愛衣

アリーシャ・ディフダ

グリンウッド大陸の北東部を治めるハイランド王国の、王位継承権の末席に位置する王女。母親の身分が低く王族内での地位も低いなか、権力の腐敗を見逃せない生真面目な一面が大臣たちからは煙たがられている。この災厄の時代に、希望と指導力、諦めぬ強さを示すことが自らの役目だと考える信念の人。自身を姫ではなく国に尽くす騎士と捉え、堅苦しい言葉遣いをするが、本来は明るく女性らしい人柄。

ロゼRose

CV:小松未可子

ロゼ

商人ギルド「セキレイの羽」の主要メンバーで、大陸中を旅している。商売をしながら旅を続けてきたためか、二刀短剣を使った戦いは護身の域を遥かに超えている。屈託がなく前向きでマイペースな性格。人付き合いがいいが、自分の意見をしっかり持っており、信念に従って行動する。

ライラLailah

CV:下屋則子

ライラ

「引き抜いた者は導師になる」とされる伝説の聖剣に宿っている天族の女性。長い間導師の資質を持つ人間を待ち続けている。優しさと落ち着きを兼ね備えた大人の女性だが、少々天然なところもある。穢れの影響で人や生物が変化した魔物「憑魔(ひょうま)」に関して豊富な知識を持つ。火属性の天響術を操る。

エドナEdna

CV:福圓美里

エドナ

地属性の天響術を操る天族の少女。基本的に他人を信用せず、無機質で大人びた態度を取ることが多く、容易に本心を掴ませない。かなりの毒舌家でもあり、人をイジって翻弄し、戸惑う姿を見ることを好む。性格は極めて冷静だが、唯一の家族である兄のことになると、感情的になる一面も。お気に入りの傘には、謎の「ノルミン」というマスコットをぶら下げている。

デゼルDezel

CV:小野大輔

デゼル

アウトローな雰囲気をまとい、風の天響術を操る天族。かつて、人間の傭兵団と共に過ごした経験から戦闘に長けており、二本のペンデュラムを鞭のように駆使して敵を翻弄する。喜怒哀楽はほとんど表に出さず、他人とのコミュニケーションも取りたがらない孤独主義者。

ザビーダZaveid

CV:津田健次郎

ザビーダ

たったひとりで憑魔を狩る旅を続けている、風の属性を持った天族。軽口ばかりを叩くお調子者だが、その一方でいざというときには隙のない立ち居振る舞いを見せる。目的も正体も不明だが、戦いのセンスは抜群で、強敵との戦いを楽しむハンターのような感性もある。

 
 

ベルベット・クラウ

Velvet Crowe

CV:佐藤利奈

ベルベット・クラウ

かつては、飾り気のない気さくな性格だった女性。3年前にある事件に巻き込まれ、それ以来笑顔を見せることはほとんどなくなり、つねに怒りと憎しみを抱くようになった。事件の日に謎の力に飲み込まれた結果、左手が人外のものへと変貌。普段は包帯でそれを隠している。